© 2018 . All rights reserved.

雨の三峯神社で教わったこと

先日のお休みの日曜日

お天気は雨でしたが
車で三峯神社に行ってきました
雨の三峯神社もしっとりとしていて、厳かな感じがいつも以上に感じられて良かったです

神社での雨は禊ぎの意味も有って、縁起の良いものらしく
たっぷりと、パワーを貰ってきました

お参りも終わって
三峰ちどりやさんへ
このお店、オーガニックな素材でもてなしてくれる
気持ちの良いお店です、注文したのは
くろうさぎの天然酵母のパンと
有精卵、松田さんのマヨネーズを使ったタマゴサンド&自家焙煎コーヒー
美味しい(^^)

さて、そのお店で「ぼ〜〜〜〜〜〜〜っと」していたら
神仏って干し柿が欲しいですってお願いしたら
渋柿、もしかしたら、柿の苗、いや柿の種をくれるものかも?
なんとなく、ふっと頭に浮かんだのです
渋柿ならまだしも、柿の種が不意に手に入っても気づかずに手放しちゃいますよ
気付いたとしても
ももクリ3年、柿8年は気の長い話だな〜と思っていたら
でも、もし柿の種の存在に気がついて
柿の木を育てることが出来たら?
毎年のように干し柿が沢山作れるんだ
単純に干し柿だけをいただけてもそれで終了
柿の種を渡されたら、柿の木を育てて
干し柿を作る知恵も頂けるんだな
この事をチャンスと言うんだろうな〜
神仏は人が成長する様に見守っているのだろうな
そんな事を、コーヒーすすりながら思っていた日曜日
三峯神社の神様が教えてくれたのかもしれませんね(^^)

コメントを残す

Your email address will not be published.